« 「対話と実行」にて下知地区の浸水の危険性を説明 | トップページ | ろうあ協会で荒木副会長が講演しました »

2009年2月19日 (木)

堀川水門が耐震化工事をしています

Horikawas3_r  高知市中ノ島の堀川水門。ようやく耐震化工事が始まりました。

 大地震に自動的に水門が閉まり、津波の被害から市街地を守れるようになるでしょう。

 施設も大きな揺れに絶えられるのであれば、機械室の空き室に食料や飲料水の備蓄などが出来ればよいと思います。

 ともあれそれは今後の課題です。

Horikawa2_r

|

« 「対話と実行」にて下知地区の浸水の危険性を説明 | トップページ | ろうあ協会で荒木副会長が講演しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/191993/28214943

この記事へのトラックバック一覧です: 堀川水門が耐震化工事をしています:

« 「対話と実行」にて下知地区の浸水の危険性を説明 | トップページ | ろうあ協会で荒木副会長が講演しました »