« 耐震グッズのモデルハウス見学 | トップページ | ようやく活動を再開 »

2007年9月24日 (月)

下知地区南海地震対策講演会

Syouwa1_r

23日午後6時半より昭和小学校体育館にて下知地区南海地震説明会がありました。校区の住民90人が集りました。開始直前に雷を伴う激しい雨がありましたが、まずまずの集まりでした。

 下知地区は地震が来れば甚大な被害が予想される地域ですが、現在7つの自主防祭組織しかできていないそうです。(二葉町自主防災会はその1つです)。それの啓発の話が高知市防災対策課からありました。
Syouwa0m

 続いて東京大学地震研究所准教授の都司嘉宣氏の講演会が行われました。最初は大枠で地震が起こる理由の解説。活断層がずれる内陸型地震とプレート型地震があること。南海地震はプレート型の地震であること。

 都司氏の研究は、古文書から地震の歴史を紐解くやり方。南海地震と東海地震、内陸型地震との連関を丹念に調べているようでした。それによると「内陸型地震が群発しているうちに30年以内にプレート型の南海地震が起きている」とのことです。

 阪神大震災、芸予地震、能登半島地震、などが既に起きています。昭和の南海地震もそうでしたし、宝永や安政の南海地震もそうだったうようです。

 高知市下知(しもじ)地域は昔から被害を受けていました。古文書の記述でも「1面が海になり」とか言われています。昭和南海地震でもそうでした。一面が海でした。

 津波が直接地域に襲来し、被害を受けるというよりは、大地震で下知地域の地盤が沈下し、海水が入るからですね。予想される沈下は1・2メートル。うちは海抜0・2メートルですので、1メートルに浸水します。

 都司嘉宣氏は「下知地区の人は家を建てる場合は、1メートル程度かさ上げして建築していただきたい。」とのことでした。

 そういわれましても既に住居に住んでいる者はどうしようもありません。いつくるかわからない大災害を意識して生活するのは気持ちの良いものではありません。

 また来年1月13日に昭和小学校にて「あそぼうさい」が開催されることになりました。

Shimozissinsui1946

(1946年昭和南海地震後の下知地区。水没しています。)

|

« 耐震グッズのモデルハウス見学 | トップページ | ようやく活動を再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/191993/8082871

この記事へのトラックバック一覧です: 下知地区南海地震対策講演会:

« 耐震グッズのモデルハウス見学 | トップページ | ようやく活動を再開 »