« 政府からも見捨てられた下知地区? | トップページ | 昭和南海地震で水没した下知地区 »

2007年3月 5日 (月)

高知県自主防災組織リーダー研修会へ参加

 3月4日の日曜日に午後1時から高知城ホールにて高知県自主防災組織リーダー研修会ました。主催は高知県危機管理課。二葉町自主町内会森会長と情報班長の西村が出席しました。

高知市だけでなく、春野町、佐川町、土佐市、いの町などから60人の自主防災会の役員の人達が集まっていました。
 最初に春野町弘岡中大小路地自主防災会会長の西込浩一さんより活動内容の説明がありました。

 「この指たかれ方式で活動はしている。」

 「若者にも1人1人気長に参加を呼びかけている。救命救急訓練は中学生以上の若者が主体で実施しました。」

 「地区の特技を持った人と機材の所有者のリストも実施していきました。」ととても実務的な活動でした。

Zisin2

 後半は「クロスロード」を活用したゲーム形式をしました。「究極の選択」を「はい」「いいえ」の答えを選択し、議論をグループでしながら合意形成をはかるというもの。

 うちのグループは津波が襲来する地区(二葉町、潮江、弥江門)なので、こうした質問が。

「地震発生から20分で津波が襲来。地震発生から5分経過。近所の親しい高齢者が戸口から声をかけると家具に挟まれて動けないとの返事。他の住民は避難をしている。避難場所まで5分の距離。」助けますか助けませんかの質問。

 二葉町は「助けない」と回答しました。事前に家具を固定し、耐震補強することが大事。それをしなければ二葉町では生き残れません。ですので残念ながら助けることはできません。あくまでゲームではありますが、リアルな想定ではありました。

 結構真剣な議論が展開されていました。

|

« 政府からも見捨てられた下知地区? | トップページ | 昭和南海地震で水没した下知地区 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/191993/5574636

この記事へのトラックバック一覧です: 高知県自主防災組織リーダー研修会へ参加:

« 政府からも見捨てられた下知地区? | トップページ | 昭和南海地震で水没した下知地区 »