« 二葉町自主防災会リーダー会 | トップページ | 高知県自主防災組織リーダー研修会へ参加 »

2007年2月26日 (月)

政府からも見捨てられた下知地区?

 低地で海が近く、公共の避難場所も地域には皆無。それが高知市の下知(しもじ)地区です。二葉町はその典型地区です。内閣府は2年ほど前に下知地区を調査していました。

Cal1

 それによりますと耐震基準を満たす公共施設は九反田地区にあるかるぽーと(高知市文化プラザ)しかありません。避難所に指定されている昭和所学校も耐震構造ではないようです。

 それで内閣府は民間所有のビルやマンションや個人の住宅を「津波避難ビル」として活用するべきであるとの報告書をだしていました。

Shiromichoul_1 (昭和南海地震での下知地域の城見町)

 でも報告書を出しただけで、そのままになっています。

 下記内閣府の資料PDFファイルを参考ください。

「tunamihinan-biru.pdf」をダウンロード

|

« 二葉町自主防災会リーダー会 | トップページ | 高知県自主防災組織リーダー研修会へ参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/191993/5494294

この記事へのトラックバック一覧です: 政府からも見捨てられた下知地区?:

« 二葉町自主防災会リーダー会 | トップページ | 高知県自主防災組織リーダー研修会へ参加 »