« 世界1の地震大国日本 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます。 »

2006年12月29日 (金)

防災用品について

 各世帯の構成や条件がそれぞれですので、一律の防災用品というのは基本的にはないと思います。そのあたりを市民の立場で南海地震対策の防災アドバーサーである西田政雄さんは言われています。

 西田政雄さんのお勧め防災用品

Penlaito (ペンライトは100円ショップにあります。折ると自然に発光し3時間程度保持します。枕元に置けば良いでしょう。)

Hikari

 100円ショップやホームセンターなどでも購入が可能なものもたくさんあります。市販されている防災用品セットも不要なものもありますし、実際には役に立たないものもあります。

Baru (バールは必需品。各家庭に常備しましょう。)

 家族の条件、家屋の環境。周りの環境で、自分で工夫し選定する必要性がありますね。

 二葉町の場合は、近くに耐震貯水槽がまもなく完成しますので、飲料水を溜めるポリ容器やバケツなどを各家庭に用意する必要もありますね。

西やんの一押し防災グッズも参考に

 

|

« 世界1の地震大国日本 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/191993/4718825

この記事へのトラックバック一覧です: 防災用品について:

« 世界1の地震大国日本 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます。 »